彼女の二股疑惑

自分で尾行したりすれば安上がりだが、バレたら大変

 

彼女に二股疑惑が出た場合、彼氏としては本当に彼女が二股しているのか確かめたいものです。二股を確かめるにはその二股をかけている相手の存在を突き止めなければならないため、尾行するのが確実な方法です。ただ尾行にはそれなりの技術がいるため、探偵のようなプロを雇うのが基本となります。

 

安上がりにしようと自分で尾行しようと思う人もいるかもしれませんが、その場合はバレた時が怖いです。特に自分で尾行するとプロのようには行きませんし、彼女とは顔見知りのため、ちょっとしたミスでバレることになります。そうなれば彼女が二股していようとしていなかろうと状況が悪化することは避けられません。

 

半日だけ、予算10万以下での依頼もできる

 

探偵を雇うとしても長期間の調査を行わなければならないわけではありません。どれくらいの期間調査してもらうかは依頼者が自由に決めることができるので、1日だけの調査でも半日だけの調査でも構わないのです。半日だけの調査であればたとえ予算が10万円以下だとしても問題なく依頼できます。これくらいの金額なら配偶者ではなく恋人相手の調査だとしても気軽に頼めるものです。

 

ただし、調査日の彼女の動向によっては費用が高くなることもあります。遠出をしたり、お店の中に入ったりした場合、必然的に調査員も長距離移動や入店をすることになるので、その分の経費がかかります。もちろん入店したとしても最小限の注文しかしませんが、調査料金は依頼費用だけでなく、経費も合わせての額になることを知っておくべきです。ただその場合でも半日で10万円を超えることはほとんどありません。

 

依頼するなら怪しい日を絞って依頼しよう。

 

依頼する日についても依頼者が自由に決めることができます。どのような日に依頼すればいいかというと、もちろん「彼女が二股相手に会いそうな怪しい日」がベストです。たとえば彼女がどのような行動をしているのかわからない日や、誰とはわからないものの人と会うのが決まっている日などがいいでしょう。逆に仕事の日や彼女と一日中行動をともにする日など、二股相手に会いそうにないことがわかる日はわざわざ探偵に頼む必要がないので、無駄な出費を抑えるためにも避けるべきです。

 

一発で二股の事実がわかれば離婚や慰謝料の裁判に発展しない恋人関係においてはそれ以上探偵に調査を頼む必要もないので、手間の面でも費用の面でもお得です。また一発ではわからなかったとしても、彼女の動向についていくらかの情報は得ることができますし、調査を進展させる上での大きな足がかりになることは間違いありません。

 

潔白で安心したいかもしれないが、黒なら別れるくらいの決断は必要かも

 

なぜ探偵に依頼するかといえば、恋人が黒なのかどうかはっきりとわからないからです。はっきりとわかっているのであれば証拠も簡単に得られるでしょうし、探偵の出る幕はそれほどないことになります。そのため、恋人の潔白を確かめて安心するために探偵に依頼する人も多いです。

 

しかし、探偵に浮気調査を頼んだ結果、「黒」という判断が下されることも当然あります。そのため、あらかじめその場合を想定し、もし黒だった時は恋人と別れることを決断しておくことも必要かもしれません。あらかじめ決断しておかないといざその時になってショックでなかなか行動できない可能性もあります。

 

黒だった場合、辛い思いをする、傷つく覚悟は必要

 

調査対象の恋人が黒だった時、依頼者本人からしてみればパートナーから裏切りを受けたわけなので、辛い思いをしたり、傷つくことは当然でしょう。人によっては調査結果が信じられず、探偵に不信感を持つケースもあるかもしれません。しかし、探偵はこの道の専門家なので、下手な仕事は基本的にしないものです。その探偵が得てきた情報は信じるしかありません。

 

もちろん最終的に探偵が掴んできた情報を使って何をするかは本人の自由です(法律に反することはだめですが)。情報を使わずに何もしないというのも、本人が望めば誰にも批判をする権利はありません。しかし、探偵に浮気調査を頼む以上、どのような結果でも受け止める覚悟は必要です。